有痛性外脛骨(両足)で大好きなサッカーを休止!



13才  男子  サッカー  滋賀県

2ヶ月前から左右内踝の下が痛い。大好きなサッカーを2週間休んでいる。 病院で有痛性外脛骨と診断。インソールを作り靴に入れていたが変化がないという。

あまりにも痛々しい我が子の姿を見て、ご両親も何とかしてあげたいと来院する。

有痛性外脛骨の主訴 ・歩いて痛い ・押さえて痛い

最初は右内踝が痛かったがかばっている間に左内踝まで痛くなってきた。

ベッドに横になり全身のチェック、歪みの検査。身体の歪みが酷い。

ご両親にもその状態確認してもらう。

身体の歪みがひどいという事は不自然体であるということ。

自然体だと不必要な力を入れなくても体制を維持できる。

左右のバランスが均等でないと余分に筋肉に力を入れていないとバランスがとれないということになる。

常に無意識に力が入っていて抜けない身体になり、

その結果必然的に筋肉は硬くなりとっさの動きに対応できない。

即ち、怪我しやすい身体になってしまう。

自然形体療法のMCとMCCを使用し施術をすると、

筋肉の緊張や癒着が短時間でとれ身体の歪みが改善し両親もビックリ!

本人も身体が楽になっていくのがわかるようで笑みがこぼれる。

左右内踝の痛みは自然形体療法独自の有痛性外脛骨の手法で痛みが消失。

ご両親も何でこんなことでと、びっくりの連続である!!

ただ、この少年の場合身体の歪みのひどさと筋肉の硬さがあるので、

この後、自己療法(自分で出来る手入れ方法の講習)をご両親と一緒に受け今後再発しないようにこの子に合った方法をオーダーメイドで伝授しました。

その後、家で手入れをしながらできない部分は施術を受け、サッカーに復帰しながら

計4回の施術で回復しました。

当院ではよくある事ですが、この少年、約1ヶ月後に来たときかなり背が伸びていました!!

本人も自覚していて背が伸びてきたとびっくりしていました。 成長期の子供さんは全身を整えることで、一時ストップしていた成長が再開していきます。

成長が止まっている、背が伸びなくて困っている方、ご相談ください。

当院の施術はただ痛みを取るのではなくて、痛みが出ている根本原因を探り

解消する施術です。痛みで困っているスポーツ少年少女たちを応援しています!




※これはあくまでも個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

©1995 ICHI. All rights reserved. 

  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • 黒のYouTubeアイコン