整体治療

変形性膝関節症

変形性膝関節症

実 例

​20年来の変形性膝関節症

​左膝変形性膝関節症

変形性膝関節症で両膝痛

変形性膝関節症

「手術をする」ではなく「修理する」考え方

形あるものは壊れます。

 

どんな機械も器具も使いすぎれば摩耗や障害が発生してきしんだり、音が出たり、

動きに異常が出たり、ついには動かなくなります。

 

私たちの身体も同じことです。使いすぎれば組織が摩耗したり、損傷したり、ついには運動障害や、感覚障害、機能障害が発生することになります。

 

これらの現象は「病気」という範疇に属するものではなく、物理的な「故障」というべきものです。

 

「変形性膝関節症」・・○○病という病名ではなく、「膝関節が変形して症状が出ています」という状態を表す○○症という名前になっています。

 

使い過ぎによる変形・故障という物理的な問題ですから、物理的に修理すれば使えるようになります。

薬という化学的手法ではありません。

修理という物理の法則に従えば、その場で修理完了になることも珍しいことではありません。

もちろん故障に至るまでの期間が長く、重大な損傷があれば相応の時間がかかります。

 

例えば車が大破した状態とかすり傷程度の損傷では修理に要する期間と工程は全く違います。

 

部品である筋肉や靭帯、腱の損傷度合いが重大であれば、その回復を待つ期間は必要ですが、重大でなければその場で解決する事ができて直ります。

そして、今後もこの嫌な痛みと無縁でいるための手入れ法(自己療法)もきちんと準備されています。

変形の進み具合や痛みの原因により施術回数は数回からひどい方の場合、十回以上かかる方もいらっしゃいます。

ひどい方の場合はいくつもの痛みが複合していることもありますので痛む場所や痛み方が変化していくことがあります。

 

毎回ご本人の状態をじっくりとお聞きし施術をしていきますので安心して施術を受けて頂けます。

 

回復へ向かって一歩一歩お手伝いしていきます。

 

膝の痛みが気になりだしたら出来るだけ早めに施術を受けて不安定な状態を回避して下さい。

 

そのうち良くなるのでは・・・と放っておくと悪化するケースが多く見受けられます。

手術と言われた方も、あきらめずに手術をする前に一度当院へお越し下さい。

必要な施術回数について

©1995 ICHI. All rights reserved. 

  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • 黒のYouTubeアイコン