肩インピンジメント症候群、肘の亜脱臼

3年程前に右肘の痛みで来院され良くなった方です。

 

今回は右肩インピンジメント症候群、右肘の亜脱臼で当院へ来られました。

 

病院でインピンジメント症候群と診断された右肩は緩めてください、

右肘の亜脱臼は固定してくださいと言われ、どうしたらいいかわからずお父さんからお電話いただきました。

 

どうすると痛むのか、肘と肩がどのような状態なのかわからないのでまずは来てくださいとお話ししすぐに来院されました。

 

まずは普段通りに施術を行いその後、室内でタオルを使ってのシャドーピッチング・・・痛みなし。

 

外へ出でお父さんとボールを使ってのキャッチボール。

 

亜脱臼の肘は大丈夫。

 

インピンジメント症候群の肩は、違和感が少しあるとの事で、自然形体療法の手法を行ってから投げてもらうと違和感は消えました。

 

あとは手入れ方法をお教えして1回の施術で終了しました。

※これはあくまでも個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

©1995 ICHI. All rights reserved. 

  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • 黒のYouTubeアイコン