関西自然形体院ICHIの特徴

①全身の歪みを確認し、

根本的な解決を目指しています

当院では痛いところだけを施術するのではなく身体全体の歪みを始め、負担をかけた原因を確認し独自の手法で痛みや不調を解消していきます。(半月板損傷やオスグッド、変形性膝関節症だからといって膝だけ、腰痛・肩こりだから腰だけ肩だけを触る事はありません)強いマッサージやバキバキ・ボキボキ強い矯正は致しませんから小さなお子様からご年配の方まで安心安全で受けていただけます。筋肉や関節に優しく触れながら揺らしたり伸ばしたりすることで、身体は安心し、筋肉の癒着・緊張を解きやすくなります。

それを続けることで体の歪みも改善されていきます。痛いこと、嫌なこと、辛いこと、我慢を要することは一切いたしません。このようなことを行うと身体を支配する脳は防御反応としての緊張をもたらし施術効果が出ないからです。

②独自メソッドである

セルフケア「自己療法」の存在

ご希望の方には「自己療法」をお教えしより早く回復・運動復帰できるよう二人三脚でゴールを目指します。

全身の歪み、捻れ、ズレを初回時検査で明確にします。

なぜそうなったのか、日常生活のクセ、生活習慣の見直しが必要な点を確認して必要な改善策をご提案します。

自分で自分の体を、親が子供に、家族・夫婦同士で身体の歪みを整える、痛みを取る、再発しない身体を作っていく。「自己療法」とは自分自身・家族で行う身体の手入れ法です。遠方の方や重度な方、なかなか通えない方、紫斑病の方などは必須です。それ以外の方々も施術と「自己療法」を併用する事によって回復が格段に早くなり回復後も再発防止・健康維持の為に一生使えます。

​1

身体に対して心地よい動き・安心できる優しい力

痛い手法は一つもなく、
『心地よい・優しい』動きばかりで
施術は構成されています。

痛み=危険信号というふうに脳と体は
無意識に意識してしまうからです。

それでは筋肉の硬さ(過緊張状態)を
根本から解くことはできません。

%E6%96%BD%E8%A1%93%E5%AD%90%E4%BE%9B_edi

ICHI

​2

施術法が細分化され個別に応じた施術ができる

当院の行う施術は全身の痛む部位に応じた手法が確立されています。同じ傷病名でもお一人おひとり同じではありません。


「どういう時に、どこが、どう痛むのか」を詳しく聞くことで、痛みの根本原因を見つけ、的確に施術・解消・再発防止することができます。

問診票への記入

ICHI

​3

常に最短での回復を目指す!

常に最短での回復がICHIの目標です。発症までの経緯、痛みの程度、痛みだしてからの期間、普段の体の使い方、条件は一人ひとり違います。100名中100名全員の症状が即改善というわけにはいきません。あらゆる原因の可能性を探り、最短での回復を果たすことが当院の役割です。

DSCN25.jpg

ICHI

​4

動作時の痛みを解消する方法が当療法にはあります

じっとしていると痛くないが、歩く、曲げる、伸ばす、捻る、階段昇降、正座、このような動作時の痛みこそ変化をその場で実感できるICHIの得意としている分野です。
年齢や体形に関係なく、膝関節、肘、手首、指、肩、首、足首等々 全身に対応できるのが強みです。

​ICHI