ストレッチ.jpeg

自己療法

について

早期回復や再発防止に

あなた専用のセルフケア

(※1度以上施術をされた方が対象)

関西自然形体院ICHI長浜で行う施術法を基にお家で出来るあなた専用の痛み解消法をお教え致します。
早く良くなりたい方は施術に来れない日も家で毎日体の手入れをすると回復が格段に早くなります。

施術であなたの身体の状態を把握し、あなたに合った歪みの整え方、痛みをとる方法をオーダーメイドでお教えします。

遠方の方はもちろん、早く良くなりたい方、なかなか通えない方や運動や仕事を休めない方、重度な方は必須です。

施術と自己療法の併用で回復が格段に早くなり、回復後も再発防止や健康維持の為に、自己療法を一生お使いいただけます。

自己療法の効果と注意点

痛みは身体の赤信号です。赤信号になったら速やかに停止することです。

停止して正しい手入れを行って回復させることが何より大切です。

そして、回復したら二度と再発しないよう、教わった通り手入れを行ってください。
多くのことは自分でできます。但し、自分ではできないこともあります。
自己療法にも限界があります。万能ではありません。その点に触れておきます。
基本原理は施術も自己療法も全く同じことです。その違いは次の通りです。

  • 施術は完全に脱力した状態で施術家任せで受けられるのに対し、自己療法の場合はそれが出来ません。

  • 自己療法では手が届かない部分がありますので、間接的にならざるを得ない部位が出てきます。

  • また、可動がない部位にたいしても自分ではできません。

  • 少しでも違った痛みやほかの部位の痛みが出た時、その原因も直し方の知識もないので対応できません。その場合は、自己流で自己療法をやるのではなく一度施術を受け検査確認のうえ新たな手法を習ってください。

 
そして、自己療法を行うに当たっては、守って頂きたいことがあります。これは施術する時、私たちも常に心掛けていることです。

  1. 痛いことは絶対にやらないこと。痛いと感じた瞬間身体には緊張が入ってしまいます。強い刺激に対して身体を支配する脳は瞬時に力を入れて防御態勢をとるからです。優しい施術を心がけているのも同じ理由からです。

  2. 身体に強い力を加えないこと。これもと同じ理由からです。

  3. 無理をしない事。自然にあるべきところ、本来の位置に落ち着くよう誘導します。自然な動きや優しい刺激は脳への安心信号となって深いレベルから余分な緊張が消え本来の姿を取り戻します。

  4. 時間をかけすぎないよう意識してください。長ければいいのではありません。さっと切り上げることで脳は新鮮な刺激として、その効果を長く受け入れ定着させてくれます。10分以内をめどに行ってください。「時間」と「効果の持続」は反比例すると覚えておいてください。

  5. 自己療法の間隔は少なくとも30分以上あけることも大切です。間隔が短いということはと同様のことになります。

※自己療法は一度施術をした方に限ります。

※筆記記録用のメモはこちらで用意いたします。

※写真、動画、音声による記録は自然体健康法総本部の規約により禁止されていますのでお控えください。

※数年後すっかりお忘れの場合は、初めてお教えするのと同じく時間がかかりますので有料(半額頂きます)です。

忘れないよう普段から実践し健康維持にお役立て下さい。

©1995 ICHI. All rights reserved. 

  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon
  • 黒のYouTubeアイコン